07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

針ノ木小屋スタッフ日記

北アルプス後立山連峰にある針ノ木小屋、大沢小屋で働く スタッフの日記です。 登山道、雪渓、天気、高山植物などの 情報を中心に提供します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

針ノ木雪渓 8/29 

本日は針ノ木雪渓ノドの渡渉点を作りに行って来ました。
ノドの状態は一昨日とあまり変わらず、まだまだ雪渓通しで通行可能です。(^_−)−☆


<右岸側から見たノド渡渉点>


<ノド渡渉点の橋>


<左岸側から見たノド渡渉点>


<左岸側からノド高巻きルートへの登り>


<高巻きルート鎖場から見た渡渉点>

ノドは安定しているとはいえ、高巻きルートでの登山が確実です。(^_^)


<最終水場の看板>

大岩を過ぎて100m位登ると最終水場があります。
小屋でもお泊りの方には1ℓ 差し上げておりますが、
それ以上必要な方はここで汲んで行って下さい。

editor:staff Y
スポンサーサイト

category: 雪渓

cm 1   tb 0   page top

針ノ木雪渓 8/27 

昨日はノド上部の渡渉点作成、
本日は雪渓尻~ノドまでの夏道の整備を行ってきました。(^ ^)


<ノド上部の渡渉点>

ノドを登りきって200m位登ると夏道に取り付きます。
そのまま道なりに登ると渡渉点にでます。
鯉のぼりの誘導に従ってください。m(_ _)m


<ノド中間部>

まだまだ雪渓は厚く亀裂もありません。
今週末位までは大丈夫そうです。


<ノド下部の割れ目①>

徐々にノド中間部まで広がって来ます。
例年では右岸側(登りでは左側)の雪渓が残ります紅ガラの誘導に従ってください。m(_ _)m


<ノド下部の割れ目②>

全体的にガスって写真が見にくくてすみません。m(_ _)m
ノドの雪渓を通行しない登山者はこの割れ目から
本流に降り渡渉して高巻きルートから登山して下さい。
どちらも通行可能な状態です。(^_^)


<深山苧環 大岩付近>

お〜こんな所に深山苧環が…


<大伶人草 大岩上部>


<深山当帰 大岩上部>

大岩〜針ノ木峠までの高山植物はまだ咲き始めたばかりですヨ‼︎ (^_−)−☆

editor:staff Y

category: 雪渓

cm 0   tb 0   page top

大沢小屋周辺の高山植物 

先日、歩荷の途中で見つけた大沢小屋周辺の高山植物を紹介します。(^_^)


<紫陽花>

紫陽花と言えば6月のイメージですが山では今咲いています。
白色の紫陽花が大沢小屋周辺では多く見られますが里と同じく青い花が綺麗ですした。


<現の証拠>

ドクダミ、センブリなどと共に、日本の民間薬の代表格です。
下痢止めに速攻性がある為、この名前がついたそうです。(^ ^)


<赤花下野草>


<白山女郎花>


<九蓋草>


<深山小米草>


<山蛍袋>

大沢小屋周辺の花々は山野草などもあって色とりどりですヨ‼︎

editor:staff Y

category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

針ノ木雪渓 8/19 

昨日、食料品歩荷の為、大町まで下山しました。(^_^)
最新の雪渓の状況をお知らせします。
今年の針ノ木雪渓は融雪が進まず、
ノドと呼んでいる雪渓の中間部にある狭くて急な箇所も安定しております。


<針ノ木雪渓ノドを下る登山者>


<針ノ木雪渓ノドの下部>

ノドの下部は割れて来ましたが、ノドは安定しており通過は問題ありません。


<ノドから見た雪渓尻方面>

この状況も刻々変化しますので、なるべく頻繁に更新してまいります。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 雪渓

cm 0   tb 0   page top

本日は晴天 (^_^) 

台風11号のゆっくりとした通過でなんとなく頑張っていた高気圧も勢力を弱めて天気は
お盆中は本当にサッパリでお客様もキャンセルが相次ぎガッカリです。(T_T)
今日は早朝から徐々に回復して久し振りに布団干しも出来ました。*\(^o^)/*


<鹿島槍ヶ岳の夕焼け>


<槍ヶ岳方面の朝焼け>

悪天候で北アルプスで遭難のニュースが多いですが、針ノ木岳付近では
沢の増水はありませんし問題はありません。
又週末の天気予報はあまり良くありませんが山の天気は
来てみないと分からないことも多いです。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 天気

cm 0   tb 0   page top

花のサイクル 

昨日、高山植物の状況を見に針ノ木岳に行って来ました。(^_^)
花には蜜を求めて沢山の虫達が群がって受粉を手助けしています。
先日登った時に比べて咲いている花もずいぶん変わって来ていました。


<四葉塩竃 マヤクボのコル>


<七竈 針ノ木峠>


<兎菊 針ノ木岳登山道>


<深山金鳳花 針ノ木岳登山道>


<深山鍬形 針ノ木岳登山道>


<岩桔梗 針ノ木岳登山道>


<深山竜胆 針ノ木岳登山道>

紫色の高山植物も増えてきてます。(^_−)−☆


<細葉薄雪草 針ノ木岳登山道>


<黄花石楠花 針ノ木岳登山道>

あっと言う間に咲いている花は変化してきます。
花の命は本当に短いです。(T_T)

editor:staff Y









category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

雪渓尻丸太橋 

大沢小屋から30分程登ると雪渓が始まります。
その場所を雪渓尻と呼んでいますが、針ノ木雪渓本流を右岸側に渡渉する必要があります。
本日、渡渉点に丸太橋を架けて来ました。


<作業中のスタッフ>


<完成した雪渓尻丸太橋①>


<完成した雪渓尻丸太橋②>

去年は二度も水没してご迷惑をお掛け致しましたが…m(_ _)m
今年は5m程上部に丸太橋を架けました増水時も水没させる事が無いと思いますが…


<雪渓尻付近の日光黄萓>


<マヤクボ沢出合い付近の衣笠草>

これで針ノ木雪渓に安全に取り付く事が出来ます。

editor:staff Y

category: 登山道

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。