08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

針ノ木小屋スタッフ日記

北アルプス後立山連峰にある針ノ木小屋、大沢小屋で働く スタッフの日記です。 登山道、雪渓、天気、高山植物などの 情報を中心に提供します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

朝焼け 

ず~っと秋晴れの天気でしたが…
今朝はやや高曇りの日の出だったようです。
それでも朝焼けがとても綺麗でした。(*^_^*)


<富士山と朝焼け>

早いもので明日からは10月となり、
いよいよ針ノ木小屋営業も2週間となります。T^T
皆様どしどし遊びに来て下さい。m(_ _)m

editor:staff Y
スポンサーサイト

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

紅葉の状況 9/29 

今日も一日中、快晴(^。^)
日中は暑い位の気温でした。σ(^_^;)
小屋に到着されるお客さんも汗だくでしたが…
日が落ちる頃になると皆様ダウンジャケットなどを着込む程でした。
寒暖の差が激しいのです。(≧∇≦)
この寒暖の差で紅葉は進むようですが…
どうも枯れている七竈や岳樺が見られ、昨年の様な紅葉は期待できないかも…m(_ _)m
今日の針ノ木小屋周辺の紅葉の状況を報告しておきます。


<針ノ木谷の状況>


<蓮華岳の状況>


<扇沢方面の状況>

それぞれ葉っぱが散ってしまってる木々や枯れた葉なども見られますが…T^T
残っている葉っぱ達の頑張りに期待したいものです。^_−☆

editor:staff Y

category: 高山植物

cm 1   tb 0   page top

日の出 

昨夜から寒さも一段と厳しくなって来ました。(≧∇≦)
夕方には風と共に白いものが混じっていましたが…まだ初雪とまでは言い難い感じですネ。
夜中から予報に反して星も山も見る事が出来ました。(^O^)/
予想外の天気に寒さを忘れ蓮華岳に御来光を見に行って来ました。


<御来光前の蓮華岳>


<御来光前の富士山>


<御来光前の鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳>


<蓮華岳からの御来光①>

いよいよ御来光ですヨ!(^o^)


<蓮華岳からの御来光②>


<蓮華岳からの御来光③>

なかなか写真では表現出来ない位綺麗でしたヨ(^_−)−☆


<蓮華岳からの御来光④>

少しカメラの露出を変えてみました。
チョット幻想的な雰囲気になっています。(^_^)v


<蓮華岳からの御来光⑤>


<蓮華岳からの御来光⑥>


<蓮華岳からの御来光⑦>


<御来光直後の裏銀座方面>


<蓮華岳から見た針ノ木岳>


<蓮華岳から見た剱岳>

やはり剱岳は雄々しい岩山ですネ。(^-^)


<蓮華岳から見た鹿島槍ヶ岳>


<槍ヶ岳アップ>


<富士山>


<黒部湖のロープウェイ終点駅>

黒部アルペンルートの大観峰です。
望遠レンズでなんとか撮れました。


<霜が付いた高山植物の葉>


<霜柱>


<針ノ木谷の紅葉の様子>

針ノ木谷の下の方もだいぶ色づき始めて来ましたネ!


<針ノ木小屋周辺の紅葉の様子>

見頃はやはり来週末の10/5あたりでしょうか?
今朝登山道に落葉が結構あって少し心配しています。(´・_・`)
いつもと違うアングルで撮影が出来たので沢山撮ってしまいました。
まだまだ皆様に紹介したい写真がいっぱいありますが…
今回はこの辺で失礼します。( ^_^)/~~~

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

布団干し 

今日も秋晴れの天気になりました。( ´ ▽ ` )ノ
17日の台風一過から6日間連続で布団干ししています。(^.^)


<針ノ木小屋の布団干し風景>


<小屋周りの紅葉の様子①>


<小屋周りの紅葉の様子②>


<小屋周りの紅葉の様子③>

紅葉も少しづつ進んで来ました。
見頃は9月末~10月初旬になる感じですね。(^_−)−☆
お・も・て・な・し の心でお客様が少しでも快適に就寝して頂ける様に
日々頑張っています。(^_^)v

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

三連休第2弾 

今日から秋分の日の三連休が始まりました。(^.^)
先週は台風18号の影響で散々な結果に終りましたが…(T ^ T)
台風一過の17日よりずっと秋晴れが続き予約の数も増え、
本日の針ノ木小屋のお客様の入りはボチボチの数になりました。m(_ _)m
少しだけ先週の分も取り戻す事が出来ました。♪( ´▽`)


<久し振りに一杯になった下駄箱>

本日はテント宿泊者が今シーズン最高となりました。m(_ _)m


<テント場の様子①>


<テント場の様子②>


<テント場の様子③>

針ノ木小屋の近くに張れなかったお客様ご迷惑をお掛け致しました。m(_ _)m



<本日の槍ヶ岳方面>

明日も秋晴れの予報が出ています。(^O^)/
皆様ドシドシ針ノ木小屋に遊びに来て下さいませ。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

中秋の名月 

昨夜は中秋の名月でした。( ^ω^ )
次に中秋の名月を完全な円で見られるのは、8年後になるそうです。


<針ノ木岳上空の満月 4:15>


<針ノ木岳肩に沈む満月① 4:20>


<針ノ木岳肩に沈む満月② 4:21>
8年後までサヨナラ(ToT)/~~~


<夜明け前の富士山と槍ヶ岳のツーショット>

3:30頃に起きて撮影しましたが、なかなか皆様にお見せ出来る写真が少なくて…m(_ _)m
じぇじぇ〜
まだまだあまちゃんですが…

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

台風一過 

昨日、台風18号が14:00過ぎに遠ざかりました。(^ ^)
全国各地での被害がニュースで報道されています。
被害に遭われた皆様にお悔み申し上げます。m(_ _)m
今朝、針ノ木雪渓の登山道のチェックに行って来ました。
9/4に修復した雪渓尻の丸太橋ですが…またまた水没してしまいました。(T_T)


<台風18号によって水没した雪渓尻の丸太橋>

今回は前回に比べ水量も多くて作業は大変でしたが…
なんとか修復する事が出来ました。\(^o^)/


<再度修復された雪渓尻の丸太橋>


<雪渓尻の丸太橋を渡った場所から見た上部>

この雪渓尻の丸太橋を渡って50m位で夏道に取付きます。
ノドの渡渉点までの間、今日現在三カ所の雪渓を歩く必要があります。
それぞれ10m、15m、20mほどです。
滑り易いですが…アイゼンは必要無いと思います。


<ノド渡渉点の全体像>


<ノド渡渉点の丸太橋>


<ノド渡渉点の丸太橋から見たノド上部>

前回に比べて崩落が大分進みました。


<ノド渡渉点の丸太橋から見た扇沢方面>


<ノド高巻きルートへ続く左岸側登山道>

雪渓がまだまだ残っています。
ザイルが張ってありますが滑らない様に気を付けて下さい。


<左岸側登山道の鎖場テラスから見た渡渉点>

皆様が安全に登山して頂ける様に針ノ木小屋では
日々、登山道のメンテナンスを実施しています。o(^_-)O
安心してお出掛け下さいませ。m(_ _)m


<昨日、台風が過ぎた夕方の槍ヶ岳方面>


<今朝の富士山>

紅葉の葉っぱも台風18号をなんとか凌ぎ切りました。
そろそろ見頃が近づいて来ています。
今週末は二度目の三連休です是非針ノ木小屋にお出掛け下さい。

editor:staff Y

category: 登山道

cm 0   tb 0   page top

秋の足音 

いよいよ明日から三連休です。(^_^)
しかし生憎、台風18号が日本列島に近づいて来ています。(T_T)
明日、明後日の朝までは何とかもちそうですが…
今年は本当に天候不順に悩まされる日々が多く、
ヘリの予定も今シーズン一度も予定通りに飛ぶ事なく今回も4日順延になっています。(≧∇≦)
明日こそは飛んで欲しいものです。m(_ _)m
上空もだんだんと秋っぽくなっています。(o^^o)


<針ノ木小屋から見た白馬岳方面>

面白いウロコ雲が見られました。


<針ノ木小屋から見た槍ヶ岳方面>

槍ヶ岳の頭に笠雲がかかっていました。
その後雨になったのは偶然?

ぼちぼちと針ノ木小屋付近の紅葉も進んで来ています。


<やや黄色くなって来た岳樺>


<部分的に紅くなった七竈>


<昨年豊作だった黒豆の木の実>

今年もジャムが沢山作れると良いのだけれど…


<いち早く黄色くなった嶺楓>


<名前の判らない茸①>


<名前の判らない茸②>

まだまだ針ノ木小屋閉めまで一ヶ月あります。
天候不順で予定変更されたお客様も又どしどし遊びに来て下さいませ。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

ノド渡渉点 

昨日のチェックでノド高巻きルートへのトラバースは
危険な状態と判断し渡渉点を作成しました。
現在の渡渉点は例年より20m程下流で渡渉します。;^_^A


<ノド直前の夏道>

この鯉のぼりからノド下部にある黄色い三角の岩まで雪渓を歩きます。


<夏道から見たノド渡渉点の全体像>


<ノド下部右岸にある黄色い三角の岩>

この岩には以下のメッセージボードが書かれています。


<黄色い三角の岩のメッセージ>

この岩から10m右上部に渡渉点に続く降り口があります。


<右岸側の渡渉点降り口>


<渡渉点に掛けた梯子>

この梯子を渡って左岸側に取付きます。f^_^;)


<渡渉点から見たノド雪渓下部>


<渡渉点から見たノド雪渓上部>


<渡渉点梯子を過ぎた箇所①>


<渡渉点梯子を過ぎた箇所②>

赤い矢印を回って左岸側雪渓を登ります。


<左岸側の雪渓登山道の始まり>

紅ガラが引いてあります。(^o^)
ステップも切ってあります。(^O^)
ザイルも張ってあります。(^○^)


<左岸側の雪渓登山道の終わり辺り>

岩場を登り切るといよいよノド高巻きルート鎖場になります。
下山される方は逆の道順になります。m(_ _)m


<ノド高巻きルートの鎖場>


<ノド鎖場テラスから見たノド上部>


<ノド鎖場テラスから見た渡渉点方面>


<ノド高巻きルート①>


<ノド高巻きルートから見たノド方面①>


<ノド高巻きルート②>


<ノド高巻きルートから見たノド方面②>


<下山者のノド高巻きルートの看板>

危険な箇所が色々とあります。(≧∇≦)
皆様‼ くれぐれも安全に高巻きルートを登山して下さい。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 登山道

cm 0   tb 0   page top

ノド雪渓情報9/8 

本日午前、ノドの雪渓チェックに行って来ました。
やはり上部の割れ目と下部の割れ目が広がり雪渓を
トラバースする事が危険な様相です。(≧∇≦)


<ノド鎖場から見たノドの割れ目>

今日現在は中央の岩場の先端から右岸にある大きな落石の辺りをトラバースしていますが、
時間の問題でいずれは現在のトラバース点も崩壊する事が必須です。(^^;;
本日は滑落防止の為のザイルを張って来ました。


<ノド鎖場テラスと右岸落石に掛けたザイル>

まだ例年の渡渉点が出ていないので20m程下流で渡渉点を
作る作業を明日予定しています。m(_ _)m


<ノド鎖場テラスから見たノド下部>

雪渓が完全に崩落している辺りを渡渉点にする予定です。
登山道整備が終るまで皆様の安全登山をお祈り致します。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 登山道

cm 0   tb 0   page top

丸太橋修復&ノド情報 

大量の水を被って通行が困難だった雪渓尻の丸太橋を本日午前修復して来ました。(^_^)
8月下旬頃から針ノ木雪渓を往来の登山者の皆様‼
大変ご迷惑をお掛け致しました。m(_ _)m


<修復された雪渓尻の丸太橋>

やはり丸太橋直下に石が溜まって水の流れが変わってしまったのが原因でした。(T ^ T)



雪渓歩行距離の概要をお知らせします。

①雪渓尻丸太橋→夏道取付き 約150m
(赤い鯉のぼりが目印です。)

②夏道→夏道取付き 約20m
(夏道が途中雪渓で途切れています。吹流しが前後にあり全線紅ガラが引いてあります。)

③夏道→夏道取付き 約50m
(夏道が途中雪渓で途切れていす。 上部に赤い鯉のぼりがあります。)

④夏道→ノドトラバース→鎖場テラス 約150m
(夏道が途中雪渓で途切れていす。 鯉のぼりなどが30m間隔で立ててます。
ノドトラバースは上部と下部から崩壊が広がって行きます十分な注意を…)

全体で計370m位の雪渓歩行があります。(^_^;)

雪渓登山が醍醐味の針ノ木ですが…
現在はとても繊細な時期を迎えています。
極力夏道を通って登山する事をお勧め致します。(^_^)v

斜度は強くないので十分に注意して登山して下さい。m(_ _)m



<ノドのトラバース地点>


<トラバースに掛っているメッセージボード>


<ノド高巻きルートにある深山小米草の群落地>


<深山小米草のアップ>


<深山鍬形>


<兎菊の群落>


<深山金鳳花>


<矮鶏矢筈唐飛廉>

ノド高巻きルートは鎖場があって急勾配ですが沢山の高山植物が待っています。(^-^)
注意深くかつ頑張って登って来て下さい。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 登山道

cm 0   tb 0   page top

大沢小屋閉めました。 

9月2日を以ちまして大沢小屋の営業は終了致しました。
本年大沢小屋をご利用のお客様本当に有難う御座いました。m(_ _)m
アイゼンのレンタルは引き続き無人で扱う予定でしたが…
ノド上部が崩壊し高巻きルートになった為アイゼンのレンタルはしていません。


<崩壊したノド上部>

登りきる為には最小幅1.5mの斜めに切れ落ちた雪渓を登らなければならない為、
とても危険なので実質上通行は不可能です。(≧∇≦)
9/2午後より高巻きルートの通行に変更致しました。
誘導に従って登山して下さい。m(_ _)m
写真下部辺りをトラバースして高巻きルートに取り付いて下さい。


<大沢小屋付近で見られる深山小米草>


<大沢小屋付近で見られる白山女郎花>


<大沢小屋付近で見られる高山植物③>


<大沢小屋付近で見られる下野草>


<大沢小屋付近で見られる深山紗蔘>

高山植物③の名前は調べきれていません。(^^;;
何方か教えて下さい。m(_ _)m


<扇沢ヘリポートから見た針ノ木岳>

昨日は天候が悪くノド周辺の写真が撮れませんでした。m(_ _)m

又改めて写真をアップします。

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。