06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

針ノ木小屋スタッフ日記

北アルプス後立山連峰にある針ノ木小屋、大沢小屋で働く スタッフの日記です。 登山道、雪渓、天気、高山植物などの 情報を中心に提供します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

針ノ木谷のお花畑 

なかなか夏型の天気にならない北アルプスですが…高山植物は順々に開花を迎えています。
(*^_^*)
先週お伝えした深山黒百合ですが沢山ある株の中、一輪が咲いていました。

<針ノ木谷の深山黒百合>

今年は蓮華岳の駒草があまり元気が無いのですが(T_T)
その代わりに針ノ木谷の深山黒百合の群落をお楽しみ下さい。
小屋から下り2分の場所にお花畑があります。
深山黒百合の若い花芽が沢山あります見頃は8月初旬頃になりそうです。
現在お花畑周遊ルートの登山道を整備中です。
詳しくはスタッフにお尋ね下さい。


<裏白瓔珞と蜜蜂>

針ノ木雪渓の登山道の状況ですが、針ノ木小屋直下の急登箇所は夏道がで始めて、
雪渓又は夏道の2ルートになっています。
雪渓歩きがお好きな方は雪渓直登をチョイスして下さい。
雪渓全般は現在危険な箇所はありません安心してお越しください。(^o^)
又残雪の影響でなかなか架ける事の出来なかった大沢小屋手前の赤沢の丸太橋が
7/23に架ける事が出来ました。
ご迷惑をお掛け致しました。m(__)m
editor:staff Y
スポンサーサイト

category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

写真教室 

昨日、一昨日と山岳写真家の岩橋崇至さんの御一行様が宿泊されました。
絶好の天気に恵まれ良い写真が撮れたと思います。(^O^)

<針ノ木小屋前でカメラを構えるお客様①>


<針ノ木小屋前でカメラを構えるお客様②>


<夕暮れの槍ヶ岳方面>

岩橋崇至さん御一行様、連泊して頂いて本当にありがとうございました。m(__)m

さて、本日は針ノ木小屋も超満員になりそうです。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご勘弁願います。m(__)m

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

黒百合の蕾 

今日は朝から眺望も良く、富士山も一日中見えて絶好の天気になりました。(^O^)

<針ノ木小屋から見える富士山>


<新越山荘と旭岳方面>

今日も布団干しをしましたが、まだまだ夏の天気には程遠い感じの涼しさです。^_^;
雪渓からは冷たい風が吹いて峠の鯉のぼりも元気良くはためいていました。(≧∇≦)


<針ノ木小屋前の鯉のぼり>

そろそろ黒百合の開花の時期になってきたのでチェックしてきました。
まだまだ蕾でしたが、来週中には可憐な花を咲かせそうです。p(^_^)q


<針ノ木小屋直下の黒百合の蕾>


<一輪だけ咲いていた車百合>


<信濃金梅>

来週中には黒百合の写真をアップ出来ると思いますので、もう少しお待ち下さい。m(__)m

editor:staff Y

category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

今日は山日和 

今朝は朝焼けで一日中安定したお天気でした。*\(^o^)/*
お客様も喜んで針ノ木登山を堪能した様子でした。

<昨日お泊まりのお客様の下山の様子>

最近では珍しくアンザイレンで下山するガイドKさんツアー一行(^_^;)


<針ノ木峠の鯉のぼり>

針ノ木小屋前にザイルを使って鯉のぼりを泳がせてみました。
峠直下で心が折れそうな登山者の方々はこれを見て頑張って登って来て下さい。

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

やっと雨が上がりました。 

今日は海の日、金曜日から雨が続いて昨日お泊まりで
ほとんどのお客様が下山された頃、晴れ間がさして来ました。
本当に残念でした。m(_ _)m

<針ノ木岳トラバースの全容>

三日振りに針ノ木岳トラバースのメンテナンスに行って来ました。
やはり、これだけ雨が降り続けると、あっという間に雪は溶けてきます。
小屋開けから続いたこの作業も今日で最後になりそうです。(^O^)
登山道はほぼ夏道で針ノ木岳山頂まで行く事が出来ますが、
所々雪が残っていますので今週末位まではアイゼン携帯で登山して下さい。(^ ^)


<針ノ木岳山頂から見た黒部湖>


<今が最盛期の深山苧環>

関東甲信は梅雨明けしましたが、越はまだ梅雨明けしていません。
早く夏型の気圧配置になって欲しいものです。

editor:staff Y

category: 天気

cm 0   tb 0   page top

三連休初日(^_^) 

三連休初日(^_^)、生憎の雨(T_T)、午後になって小降りになってきました。

<最後の急登を登る登山者>

夏道もボチボチ出始めて来ました。
小屋まで雪渓で登るラストチャンスです。
明日の長野県北部の天気予報は曇り、雨が止んでくれると良いのですが…


<針ノ木小屋自炊場で寛ぐお客様>

明日は外で寛ぐお客様の姿をアップしたいと願っています。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 天気

cm 0   tb 0   page top

駒草開花状況 

明日SBCラジオの出演があるので蓮華岳の駒草の開花状況をチェックしてきました。(^_^)
今日は昨日と違い朝から小雨と強風であまり良い天気ではありませんでした。(≧∇≦)
午後から蓮華岳に向ったのですが…
天気の悪い日のご褒美として雷鳥が出て来てくれました。(^o^)


<蓮華岳の雷鳥①>


<蓮華岳の雷鳥②>


<蓮華岳の雷鳥③と駒草>

まだまだ抱卵の時期だと思いますが、2羽いた雷鳥は共に雌でしたチョット不思議です。
雷鳥界も異変があるのでしょうか?


<雷鳥の羽>

余りに強風で餌を啄ばむ雷鳥から抜け飛んだ羽。(・・;)


<雷鳥の卵殻>

山頂直下で見つけた雷鳥の卵の殻、ちゃんと生まれていれば良いのですが…
さて肝心の駒草ですが、例年に比べ残雪が多かった為か最盛期はまだまだ先のようです。
又逐一報告出来る様に頑張ってチェックしたいと思います。o(^_-)O


<駒草の小群落>


<駒草アップ>


<蓮華岳全体で見られる黄花石楠花>


<蓮華岳山頂直下の雲間菫>


<蓮華岳山頂直下の岩弁慶>


<蓮華岳中腹の稚児車>


<蓮華岳中腹の青の栂桜>


<針ノ木小屋付近の大瓢箪木>

駒草の見頃はもう少し先になりますが、その他の高山植物は最盛期です。
色々な高山植物を楽しめます。(^。^)

editor:staff Y

category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

針ノ木岳トラバース情報 

昨日まで続いた雨の影響で針ノ木岳山頂への雪渓トラバースもかなり減ってきました。
総距離としては、100m+200m位でしょうか。
夏道も所々に出ていて全部雪だった頃よりも歩きにくくなっています。…>_<…
針ノ木岳山頂を目指す登山者は小屋に立寄りスタッフにお気軽にお声掛け下さい。
小屋では積極的にメンテナンスしておりますので安心してお越しくださいませ。

<針ノ木岳トラバースの全容>


<上部から見た針ノ木岳トラバースの全容>


<ステップを切る針ノ木小屋スタッフ>


<作業途中で見られた信濃金梅>


<作業途中で見られた稚児車>


<風で飛ばされそうな針ノ木小屋屋根の布団>

やはり天気の良い日の山小屋仕事は最高~*\(^o^)/*

editor:staff Y

category: 雪渓

cm 0   tb 0   page top

久し振りの晴天 

下界では猛暑で熱中症が話題になり始めてきましたが、
北アルプスではまだまだ晴れの日がありませんでした(T ^ T)
でもでも今朝は富士山もはっきり見る事ができる絶好の天気になりました。\(^o^)/

<針ノ木小屋の窓から見た富士山>


<針ノ木小屋の窓から見た富士山アップ>


<針ノ木小屋の窓から見た槍穂方面>


<針ノ木小屋の窓から見た槍穂方面アップ>


<針ノ木小屋の窓から見た南アルプス>

今日はたまりに溜まった布団をいっきに干して、
海の日を気持ち良く迎えたいです。( ^ω^ )
三連休の予約にはまだまだ余裕があります。
是非、遊びに来て下さい。m(_ _)m
editor:staff Y

category: 天気

cm 0   tb 0   page top

最新雪渓情報7/6 

今年の針ノ木雪渓はデブリ(雪崩の跡)も少なくてとても歩き易い状態です。
今の所、勿論危ない箇所はありません。(^O^)
昨年に引続き鯉のぼりによる道標を行っています。

<針ノ木雪渓上部大岩から見た針ノ木峠方面>

今年の鯉のぼりはノド下部から針ノ木峠までの30本です。
ノド下部からは青い鯉のぼり、赤い鯉のぼり、吹流しと10本づつ
30m~50m間隔で立ててあります。

<針ノ木雪渓上部大岩から見たノド方面>

針ノ木雪渓の登り始めは大沢小屋から20分程登った雪渓尻の手前200mから始まります。
夏場は沢になりますが、現在は残雪があります。
中間部がやや割れていますので注意して渡って下さい。

<針ノ木雪渓の始まる場所>

この写真の右手上部に白根葵の群生地があります。
踏み荒らさずに観察しましょう。(*^_^*)
針ノ木峠からの下りの登山者は雪渓尻(夏場には丸太橋があります)の
渡渉点付近に紅ガラが引いてあります。
その誘導に従って確実に夏道に乗って下さい。
尚、大沢小屋直前にある赤沢が今だに雪渓が残っています。
例年今頃は沢になって丸太橋を掛けているのですが…
<現在の赤沢の様子>

雪渓幅は50m位です両岸に鯉のぼりが立っております。
くれぐれもこの沢を針ノ木雪渓と勘違いなさらぬ様にして下さい。m(_ _)m
editor:staff Y

category: 雪渓

cm 0   tb 0   page top

大沢小屋開けしました。 

ヘリも飛んで、針ノ木小屋の小屋開けも一段落しました。^_−☆
週末に向けて大沢小屋の小屋開けに7/4から行ってきました。
今年の大沢小屋の小屋番は専任でやって貰う事になりました。
小屋番としては新人ですが、今までのキャリアを活かして頑張ってくれると思いますので
新人スタッフ共々宜しくお願い致します。m(_ _)m

<大沢小屋の玄関>


<大沢小屋直前の登山道で見れる衣笠草>


<雪渓尻付近で見られる白根葵>

今年は例年に比べ残雪が多い為、高山植物の開花も少し遅いようです。
尚、登山道と雪渓については引き続き別テーマでアップしますので
そちらもチェックしてみて下さい。m(_ _)m

editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

無事小屋開け出来ました。 

6/28のヘリ予定が延びに延び6/30に1便、7/1に1便、昨日6便とバラバラと物資が
やっと針ノ木小屋に届きました。\(^o^)/
ヘリクルー及び搬入業者の方々、本当にお疲れ様でした。m(_ _)m
ヘリクルーの方々は、他の作業が押せ押せになっている事と思いますが、
安全第一で頑張って下さい。

<ヘリ物資を受取るスタッフ>

明日からは大沢小屋開けに向けて作業を予定しています。
同時に昨年から始めた鯉のぼりと紅ガラによる雪渓道標を実施していきます。m(_ _)m
今週末からは大沢小屋のスタッフに雪渓の状況を聞いて鯉のぼりと紅ガラの道標に
従って針ノ木小屋まで来て下さい。
尚峠直下の急登にはステップが切ってありますので
最後の一踏ん張りのお役にたてると思います。
どしどし針ノ木小屋まで遊びに来て下さい。^_−☆
editor:staff Y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。