06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

針ノ木小屋スタッフ日記

北アルプス後立山連峰にある針ノ木小屋、大沢小屋で働く スタッフの日記です。 登山道、雪渓、天気、高山植物などの 情報を中心に提供します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

針ノ木小屋大盛況f^_^;) 

七月最終の土曜日を迎えて針ノ木小屋は登山者で大盛況
♪───O(≧∇≦)O────♪



本当に沢山の登山者に来て頂きまして有難う御座いました。m(_ _)m
小屋泊、テント泊の皆様へ
窮屈な思いをお掛けして申し訳ない気持ちでいっぱいです。m(_ _)m
でもでもスタッフ一同、精一杯頑張りました。
何卒ご勘弁お願い致します。
視界は最高とまでは、いきませんでしたがビールが美味しくなる天気でした。
明日も皆様が無事に登山される事を願って頑張りたいと思います。
editor:staff Y
スポンサーサイト

category: 雑記

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 1   tb 0   page top

グリーンパトロール 

今年も富山森林管理センターからグリーンパトロール2名が
24日から26日にかけてやって来ました。
彼らの仕事を少し紹介します。(^-^)
高山植物の保護やゴミ拾いなどを赤いシャツを着て活動します。
主には立山の室堂で活動しますが北アルプスの稜線にもやって来ます。


<ゴミ拾いの様子>

<石を並べて登山道外の踏み込みを防止>

<手作り看板をつける様子>






お疲れ様でしたm(_ _)m
高山植物たちがいつまでも元気で咲きますように……
editor:staff Y

category: 雑記

cm 1   tb 0   page top

ジグザグ道 

針ノ木峠直下の急登箇所では登山道が出てきました。(^∇^)

写真右側が登山道で中央雪渓が針ノ木峠に続きます。
ジグザグ道を登りきると針ノ木小屋にゴールイン\(^o^)/
今週末の27日(金)、28日(土)は超満員になりました。
日程変更が可能なお客様は変更お願い致します。m(_ _)m
editor:staff Y

category: 登山道

cm 0   tb 0   page top

コマクサ咲いてます(^∇^) 

昨日の話になりますが、遅番だったので、早朝に蓮華岳へ行ってきました。

偽ピークの辺りで日の出を迎え、朝日に花も眩しそうに見えます。




朝の山歩きは、足元が濡れるのが難点ですが、朝露を身にまとったコマクサは本当に綺麗です。



ご覧の通り、コマクサは現在満開です\(^o^)/

今週末は予約も多く、混雑が予想されますが、是非とも一番の見頃を迎えたコマクサを見にいらして下さい( ´ ▽ ` )ノ


〈おまけの写真〉

editor:staff y

category: 高山植物

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

黒と白 

梅雨が明けたはずなのに天気は連日イマイチ
ヘリの荷揚げも二日続けてキャンセル
でもでも、やっと咲きました。
針ノ木小屋南面直下にある秘密の花園にて黒百合がボチボチ見頃になってまいりました。
例年より一週間ほど遅くなりましたが
可憐な姿を見せています。




黒百合が咲いてる上部には山のハスと言われている山荷葉(サンカヨウ)が
元気に咲き誇っていました。\(^o^)/


明日は晴天でヘリも飛ぶといいんだけど…
editor:staff Y

category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

今日のあれこれ 

久しぶりのブログです。
ようやく梅雨明けしましたね!

いきなりですが問題です。
次の写真に写っているのは、何でしょうか?



遠目で小さいのですが、雪のテラスで日向ぼっこをしているクマなのです!
このあと、子グマも発見(゚o゚;;
お互いの縄張りを侵さないで、共存できたらと願うばかりです。

では次の問題です。
次の写真は何の花のつぼみでしょう?



これはクロユリのつぼみです。
週末には開花するかな?因みにクロユリの花って、可憐な姿に似合わず匂いが
臭い・・・(; ̄ェ ̄)らしいです。

さて、先日お泊りのお客様に尋ねられたものの、わからずじまいだった花があったのですが、多分、この花ではないか?と思われますが、いかがでしょうか?



この花はオオヒョウタンボクと言って、葉っぱの上に双子の花が逆立ちをしているかのような姿をしています。
小屋から針ノ木谷へ下りる登山道を15秒ほどで見る事ができます。



そして、一日の締めくくりは、見事な夕焼けです。
梅雨明け10日と申しますが、絶好の登山日和のこの時期に、
ぜひ皆さん針ノ木へお越しください( ´ ▽ ` )ノ

editor:staff y

category: 雑記

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 2   tb 0   page top

海の日連休初日! 

朝方までなかなかの雨足で、連休初日の人出が心配されましたが、雨も止んだ昼頃から続々と登山者の皆さんが針ノ木峠に登って来られました。



夏山シーズン到来!と、スタッフのテンションもあがります(^O^☆♪

お客様の中に「このブログを見てるよ!」と言ってくださった方がいらして、嬉しいかぎりです(^-^)
その方に花の写真を見せられて、名前を尋ねられたのですが、仕事が終わったあと、スタッフ総出で図鑑を探すものの、たくさんの花を見ているうちに、記憶が曖昧に・・・σ(^_^;)
ごめんなさい。

明日がいい天気になりますように。

editor:staff y

category: 山小屋情報

cm 0   tb 0   page top

テント場最新情報! 

今年は針ノ木小屋のテント場の雪融けが遅く、ここの所の雨による雪融けを期待したのですが、思うように融けなかったため、明日からの連休に向けて、男性スタッフ総出でテント場を掘り出しました。

その結果、23張分のテント場中19張分を確保しました。
しかし、雪が融けてシャーベット状なので、ぬかるみは必至です。


この時期は、小屋以上にテント場が混み合い、ご迷惑をおかけしますが、限られたスペースを皆様で譲り合って、楽しい一夜をお過ごし下されば幸いです( ´ ▽ ` )ノ

editor:staff y

category: 山小屋情報

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

蓮華岳のコマクサ情報その2 

週末からのピークを前に、今日は午後から蓮華岳に登ってきました。

先日、別のスタッフが登頂した時には、コマクサはまだつぼみが多いとご案内しましたが、さて、1週間でどのくらい変わったか楽しみです。


ここは、小屋から10分位上がった、コマクサ最短距離ポイントの状況です。
若々しい花が咲いています。

もう少し登って、いわゆる偽ピークと呼ばれる所(小屋から約30分)まで登っていくと、さらに花の株が数を増していきます。

そして、山頂まで頑張った人へは、群生地が幾つも現れ、砂礫地帯をほのかなピンクに染めています。



群生地のアップはこちら!


アングルもなかなかでしょう?♪(´ε` )(自画自賛^^;)

当社比ならぬ私比では、今年はコマクサの当たり年ではないかと思っています。

まだまだ葉っぱだけの株も沢山有るので、少なくとも今月末までは、見頃が続くのではないでしょうか?

針ノ木小屋まで来られたら、是非とも蓮華岳への登頂も行程に加える事を、強くオススメします。

editor:staff y

category: 高山植物

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

最新花情報 

おはようございます!
山では梅雨の晴れ間が広がっています。今週末の連休に向けての布団干しには絶好の日和です\(^o^)/

今日は今見頃の高山植物の情報をお届けします。

まずは、大沢小屋周辺で見頃の花です。

〈キヌガサソウ〉

〈シラネアオイ〉

針ノ木岳ではミヤマオダマキが、登頂者を優しく迎えてくれます。

〈ミヤマオダマキ〉

他にもミヤマキンポウゲやハクサンイチゲも見頃です。

〈ハクサンイチゲ〉

山登りは、もちろん晴れるのに越したことはないですが、雨やガスで視界が効かない時こそ、花の観察にはもってこいです。

editor:staff y

category: 高山植物

cm 0   tb 0   page top

針ノ木岳道普請 

昨年の九月末から十月初旬にかけて船窪岳近辺で局所的な地震がありました。
その被害で針ノ木岳からスバリ岳に向かう登山道が崩れてしまいました。
その場所は針ノ木岳から一分ほど下った所にあります。
本日やっと修復する事が出来ました。

<崩落写真その1>

<崩落写真その2>

ガラガラの斜面の岩を取り除き岩のステップを作りました。

<改修後その1>

<改修後その2>

<改修後その3>

<改修後その4>
登山者の皆様、大変ご迷惑をお掛け致しました。m(_ _)m
日頃の鍛錬のお陰で大きな岩を動かす事が出来ました。
でもでも腰イタ~イ
今後も登山道整備頑張って行きます。(^_−)
editor:staff Y

category: 登山道

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

山のアスパラ 

針ノ木小屋の南側には黒部湖に続く針ノ木谷があります。
ここでは雪融け直後に雪笹が採れます。(^_^)

<雪笹の新芽>


<雪笹の花が咲いてる様子 hpより引用>


<雪笹を茹でたもの>
アクもなくアスパラの様な味です。
茹でても天ぷらやバター炒めなどにもgood
本日お泊りのお客様にも食べていただきましょう。
この周辺は黒百合の群生地でもあります。
あと二週間ほどで可憐な姿を紹介できると思います。(*^_^*)
editor:staff Y

category: 雑記

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

いざ針ノ木岳へ 

針ノ木岳へのルートは例年小屋開けから七月中旬頃までは
残雪のトラバースがあり注意が必要です。
針ノ木小屋から急登を15分ほど登ると雪が始まり50mほどの
小山を二つ越えるといよいよトラバースに入ります。

<トラバースの始まり6月30日撮影>
右上が針ノ木岳で手前にある雪渓の鞍部を目指します。\(^o^)/


小屋ではトラバースにステップを入れていますが、
時間とともに丸くなってゆきます。(T_T)
こまめにメンテナンスはしておりますが、まだまだアイゼンは必要です。


<鞍部から見たトラバース、正面には蓮華岳>
滑落事故が起こり易い場所です(~_~;)
本日もメンテナンスに行ってきました。( ^ ^ )/□
登山者の皆様、十分に気を付けて登山を楽しんで下さい。m(_ _)m
editor:staff Y

category: 登山道

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

蓮華岳のコマクサ情報 

最近、お問合せで多いのが、蓮華岳のコマクサ開花状況です。
早速、スタッフが確認に行って来ましたので、報告します(^_^)


ご覧のように、コマクサはまだまだ蕾が目立ちます。開花はもう少し先でしょうか?

この時期の蓮華岳には、可愛らしい高山植物が他にも沢山咲いています。

<イワベンケイ>


<タカネスミレ>


<ミヤマキンバイ>


<チングルマ>


<キバナシャクナゲ>

他にも、ミツバオウレン、コイワカガミ、ミネズオウなども咲いていました!

皆様のお越しを、花たちとともに、お待ちしております。

editor:staff y
photo:staff Tommy

category: 高山植物

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

針ノ木小屋からの富士山 

昨日の雨から一転、今朝はよく晴れました。
そして、小屋からは富士山が!

写真では小さいですが、拡大すると裾野まで見えているのがわかるでしょうか?

富士山は朝方に見られる事が多いですので、お泊りの際には翌朝の好天にご期待下さい。

さて、今朝は大沢小屋の小屋明け準備のために、スタッフが雪渓を駆け下りて行きました。


この時期は、雪に慣れた人なら下山はあっという間なようです。
今年はいつまで雪渓歩きが楽しめるかな?
雪上の清涼感を味わいたい方は、お早めに( ´ ▽ ` )ノ
editor:staff y

category: 山小屋情報

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

峠も雨です 


下界では梅雨真っ盛りでしょうか?
山も今日は朝から雨です。
明日からは大沢小屋の小屋明け準備を始めます(^_^)
キノコの住まいの大木は、扇沢から大沢小屋までの登山道にありますよ(^O^)
editor:staff y

category: 雑記

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

雪渓の道標 

七月初旬の雪渓は登山道を完全に覆い隠し、 間違った沢を登ってしまう登山者がいます。
特に視界が悪い場合は注意が必要です。
例年小屋では紅ガラで雪渓にラインを引いていましたが、
雪が融けてくるとクレバスに誘導してしまう事も……
今年からは小さな鯉のぼりを雪渓上に立てて登山者を誘導します。

ノドを登りきった辺りより大岩までは青い鯉のぼりが約30m間隔で10本


大岩から針ノ木峠直下までは赤い鯉のぼりが同じく10本


最後の針ノ木峠までは吹流し


マヤクボ沢出会い上部の沢にはトラロープと立入禁止の看板があります。(^_^)
登山者の皆様が道に迷わない様に…m(_ _)m
editor:staff Y

category: 雪渓

thread: 登山 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。